ダメ犬しつけチャンピオン 遠藤和博流実践

ダメ犬のしつけに!TVチャンピオン【子犬しつけ王選手権】2回優勝の遠藤和博流マニュアル。



TVチャンピオン2回優勝者!
遠藤和博の犬のしつけ講座


たった2秒で無駄吠えが治ったりとお利口さんになったワンコの
飼い主さんの声が出ていますよ。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼
ボタン1




叱ってもやめないダメ犬のしつけ

来客に吠え続けて、叱ってもやめないダメ犬
困っていませんか?

ダメ犬のしつけには、長めのリードをつけて
居間につないで誰かにチャイムを鳴らしてもらいます。

音に反応して威嚇をする直前に「いけない」
とダメ犬に注意します。

飼い主の側で興奮しないでおすわりと待てができれば、
リードをつけたままで玄関まで一緒に行きます。

玄関に出たときに犬が興奮して飼い主よりも
前に出てしまうようなら、

リードを引くか、鼻先を叩いて叱ります。

玄関でおすわりと待てができたら、
来客役の人にドアを開けてもらって、

ドアの開く様子に犬が興奮や威嚇しようとしたら、

「いけない」とダメ犬を叱ってリードを
引いてショックを与えます。

大型ダメ犬を散歩させていると、
犬に引っ張られてしまうことがあります。

犬のしつけとしては、まず右手にリードの先端を
持って左手でリードの真ん中を持ってください。

犬がリードを引きそうになったら

すぐに右回りで90度から180度の方向転換をして
ショックを与えます。

それから素早く犬の横について
5歩から10歩歩いて方向転換してください。

方向転換を1回の散歩で3回から5回行うようにして、

犬が飼い主の顔を見上げるようになってくると、
方向転換も自然にできるようになります。




TVチャンピオンのやり方 公開中♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓
たった2秒で愛犬を“おりこうさん”にする方法♪

タグ:犬の問題行動 犬のしつけ ダメ犬 リード